◇◆◇運命のタロット◇◆◇

円海高校に通う主人公、水元頼子(通称 ライコ)と、高校の資料館で人知れず封印されていたタロットの大精霊《魔法使い》。
ひょんなことから彼の封印を解き、強制的に彼の協力者となってしまったライコの、波瀾万丈な学園生活は・・・!?

 

・・・・嘘は書いていないと思う、うん。

第1巻 《魔法使い》にお願い? 第2巻 《恋人たち》は眠らない
第3巻 《運命の輪》よ、まわれ! 第4巻 《愚者》は風と共に
第5巻 《月》が私を惑わせる 第6巻 《節制》こそが身を守る
第7巻 《死神》の十字路 第8巻 《戦車》が兄とやってくる
第9巻 《太陽》は人々を照らす 第10巻 《皇帝》はうなずかない
第11巻 《神の家》は涙する 第12巻 《女帝》1995
第13巻 《女教皇》は未来を示す

以上13巻 第1部完結

◇◆◇真・運命のタロット◇◆◇

瀕死の状態からカードに転写された為、記憶をなくしてタロットの大精霊《女教皇》となったライコ。
失った記憶を取り戻す為のフェーデを挑んだ彼女に用意された残酷な歴史と、封じていた過去とは?
また、『運命のタロット』が生み出された秘密も明らかに・・・・!?

・・・・痛いけど・・・!!でも、目を背けることは許されない。
運タロ時代はなんて平和だったんだろう・・・と、つい遠い目をしてしまう怒濤の展開をみせる、真タロです。


第1巻 《教皇》がiを説く 第2巻 《正義》は我にあり
第3巻 《力》よと叫ぶもの! 第4巻 《審判》は
第5巻 《悪魔》でも恋に生きる 第6巻 《星》は何でも知っている
第7巻 《隠者》は影に 第8巻  《吊された男》、そして・・・(上下巻)
第9巻 《世界》。(上下巻)

以上9巻(11冊) 第2部完結

 

『運命のタロット』とは 『運命のタロット』カードへと転写され特殊能力と虚数の身体を持つ精霊となった存在と、彼らと力を分け合い一生を共にする『協力者』との、時の物語。
フェーデとは

歴史を“改変”することを目的とした『プロメテウス』と呼ばれる陣営と、彼らから歴史を守る立場となる『ティターンズ』と呼ばれる陣営の戦い。
戦いをする為には、必ず見届けと仲介役の《運命の輪》のもとで戦いのルールと報酬を定め、儀式によって約定を結ばねばならない。
約定の定めは絶対で逃れることはできない。

時の縦糸とは

時の流れ。歴史。
『運命のタロット』の中ではしばし時間を移動するので、全体を見渡した年表を作るのはとても難しい。各キャラの視点から年表を作って行くと、意外な場所で意外な接点があったり、ここの行動があそこに繋がってくるのか!とうならされることが多い。

 

ファンページ『たろたろ倶楽部』へレッツゴー♪
♪メビウス・リング(BOOKS) 和音の運タロサークルのご案内♪
アカシック・レコード  和音の駄文&頂き物のイラストなど♪

  

 

えへへ。貼っちゃった♪